3D PRINT TYPE3D印刷のタイプ

レンチキュラーの効果には大きくわけて、3D(立体)と変化に分けられます。変化はさらに4種類(チェンジング・ズーム・アニメーション・モーフィング)に分類されますが、原理は全て同じです。弊社ではデータ合成技術の高度化により、3D+変化など複数の効果を組み合わせることもできるようになりましたが、ここでは代表的なものをご紹介します。

3D(立体)

被写体を立体的に表現!
見る角度によって飛び出して見えたり、二次元にはない奥行き感のある空間を表現します。
  • さのまる
  • ハロウィン
  • とちまるメモ帳

クリックすると動画でご覧になれます。

変化

チェンジング

異なる絵柄に変化!
複数の絵柄が切り替わったり動いているように見える効果です。情報を分けて表示させることが可能です。
  • ランニング
  • クリアファイル
  • 猫メモ帳

クリックすると動画でご覧になれます。

ズーム

被写体の大きさが変化!
見る角度によって被写体がだんだん大きくなったり、小さくなったりする効果です。画像は1枚で表現可能です。
  • 戦闘機
  • SL

クリックすると動画でご覧になれます。

アニメーション

絵柄が動いて見える!
複数のコマ数により動画のように表現するタイプです。チェンジングの絵柄1~10へ画像が変化していきます。
  • とちすけ
  • 風車

クリックすると動画でご覧になれます。

モーフィング

徐々に別の絵柄に変化!
異なる2つの絵柄を徐々に変化させるタイプです。2つの絵柄の間の画像を生成処理したものを合成します。
  • ネコとトラ
  • 鯛と鯛焼き

クリックすると動画でご覧になれます。

効果複合

異なる3D印刷タイプを複合して変化!
上記の効果を複合して合成することも出来ます。(例:3D+チェンジング、アニメーション+ズーム)
  • ゆるキャラ
  • ハロウィン
  • SALE

クリックすると動画でご覧になれます。


サイズおよびレンチキュラー効果についてはご要望に応じて承ります